内臓脂肪をやわらかくし代謝を促進する運動

「あなたの内臓、固くかたまっているかもしれません」そう言われても、ピンとこない人も多いかと思います。例えば、肩こりは、血行が悪くなったために肩の筋肉がこわばってしまった状態です。実は内臓も、これと同じ状態になるのです。本来、内臓は、ゴムまりのように弾力があり、やわらかなものです。しかし、内臓も血行が悪くなると、こりが生じてしまいます。しかも、肩こりのように直接触れることができないため、知らず知らずのうちによどんだ血液が蓄積され、臓器そのものの機能まで低下させてしまうのです。そんな内臓のこりをほぐしてくれるのが「内臓やわらか体操」です。内臓は、水の中に浮いているようなもので、身体が動けば内臓も一緒に動きます。ですから、身体を伸ばしたり、ひねったり、揺らしたりして、内臓を動かせば、その刺激によって血液を活発にし、内臓をやわらかくすることが可能なのです。内臓の血流が盛んになり、細胞も活発に動くようになれば、おのずと臓器そのものの機能も回復します、柔軟な、本来の内臓の状態を取り戻すことで、それぞれの臓器に備わった能力が最大限に発揮されるようになります。

内臓やわらか体操のやり方

  • @、壁から30cmほど離れた場所に、背中を壁に向けて座り、両膝を抱きかかえる。
  • A、そのまま背中を後ろの壁まで反らせ、尾てい骨を支点にしてコロンコロンと前後10回揺れる。

内臓脂肪燃焼のタイムテーブル

中性脂肪やコレステロールは、生きていくのに欠かせないエネルギー源になりますが、量が増えすぎると、おそろしい病気をもたらします。特に、内臓のまわりに脂肪がつく内臓脂肪肥満型は、糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣3大合併症を引き起こす可能性が高くなります。内臓脂肪は、食べ過ぎをやめ、運動を習慣にすることで燃焼が可能です。このタイムテーブルを参考に、朝、昼、晩とそれぞれの時間、ちょっとしたことに気をつけることから始めましょう。

  • ・いつもより5分早く起きて、朝食時間に余裕を
  • ・朝食抜きはNG。バナナと牛乳だけでも摂る。
  • ・ひとくちを3・3・7拍子で噛む。
  • ・一駅分歩けばダイエット&リフレッシュ
  • 駅、会社の階段は無料のジムと心得る

  • ・禁煙。だめなら、あえて嫌いな銘柄を買って節煙する。
  • ・角砂糖8個分もの砂糖が入った缶コーヒーは×
  • ・おやつはチョコやケーキより、酢昆布などの駄菓子に

  • ・飲み会の前も軽めの夕食を摂る
  • ・揚げ物よりも焼き物、焼き物よりも煮物を選ぶ
  • ・出世と健康のため、酒をついでもつがれるな
  • ・気乗りしない飲み会は事前に参加しない
  • 肝臓と財布にも休日を。週に2回は休肝日を作る。
モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。