コレステロールを下げる食事

血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に増える病気、高脂血症。その最大の原因は、毎日の生活習慣にあります。特に問題なのが、乱れた食生活です。大食いや早食い、就寝前の飲み食い、食事時間が不規則、3食きちんと摂らない、偏食、脂っこいものが好き、間食でお菓子をよく食べる、お酒を良く飲む、このような食生活は、改善の余地があります。最も大切なのは、必要以上に食べ過ぎないことです。1日の適正な食事量は簡単に算出できるので、計算しておくといいと思います。とはいえ、どうしたら食べ過ぎを防げるのか、わからない人も多いのではないでしょうか?そこで食事量を適正にする、食生活改善のコツを6つ紹介します。

一つ目は、朝食を抜かないこと。食事を5〜6時間あけて、1日3回、毎日ほぼ同じ時間に食事をとると、体脂肪は効率よく燃焼されます。そして、一日、3回、規則正しく食事を摂るために大切なのが、朝食をとることなのです。

2つ目は、ゆっくり食べること。食べ始めてから満腹中枢が満腹感を感じ、「食べるのを止めよう」という合図を出すまでに、約20分もかかります。早食いだと、その間も食べ続けてしまうので、食べ過ぎになるのは当然です。一口につき15回以上、よく噛んで、ゆっくり食べるようにしましょう。

3つ目は、一日の食事を和食献立にすること。適正な食事量で栄養素をバランス良くとるためには、できるだけたくさんの食材を少しずつ食べる必要があります。このような食べ方にぴったりなのが和食献立です。和食は、ごはんを主食に、魚介類、野菜類、豆類、などをおかずにするため、さまざまな栄養素がバランス良くとれます。また、ごはんのほうがパンに比べて消化、吸収が遅いため、満足感が得られやすいことも、和食をオススメする理由の一つです。

4つ目は、夕食を軽めにすることです。夕食をたくさん食べると、エネルギーが消費しきれず、体脂肪の蓄積を促すだけです。一日の食事量をできるだけ均等に配分する、カロリーのありそうな料理は昼食に食べる、夕食後の果物、牛乳は控える、という3つを実行すると、無理なく夕食を軽くすることが出来ます。

5つ目は夜食をやめること。血中の脂肪はアポタンパクという成分に包まれ、リポタンパクという粒子となって処理されるのですが、食べてすぐ寝ると、この機能がうまく働きません。残った中性脂肪はカスとして血中に残り、高中性脂肪血症を招きます。就寝3時間前は、飲み食いしないようにしましょう。

6つ目は、食べ物を近くにおかないこと。つまみ食いは、食べた実感があまりない、食べた量をきちんと把握できないなど、間食の中でも特に問題だと言われています。間食をやめるだけで、肥満の解消や脂肪値を大きく改善できる人も多いのです。

モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。