オメガ3脂肪酸のDHAやEPAは油の中でも一番注目の成分

今メディアなどでよく取り上げられている油が不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3脂肪酸です。DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)、α-リノレン酸の3つを表しており、α-リノレン酸は摂取すると体内でDHAに変化するという特徴を持っています。主に青魚に豊富に含まれるDHAという魚油は、多価不飽和脂肪酸の一種です。多価不飽和脂肪酸は、人の体内で合成できない脂肪酸で、魚油の他、野菜や大豆などにも含まれています。EPAとDHAは、基本的には同じ作用を持ち、血液中の中性脂肪を減らす働きがあります。こうした効果は、EPAとDHAに、肝臓での中性脂肪の合成を抑えたり、中性脂肪を全身に運搬する役目を果たしているリポタンパクの合成を抑える働きがあることによります。また、それぞれの脂肪酸の特徴をみてみると、EPAには善玉コレステロールを増やし、DHAには悪玉コレステロールを減らす作用があります。

動脈硬化が起こる最大の原因は、血小板凝集能(血液中の血小板が集まって固まる作用)にあります。血管の内壁にちょっとした傷ができると、そこにコレステロールがたまります。それが引き金になって血小板凝集能が働き、血管壁が厚くなって動脈硬化が進むのです。実はEPAは、この血小板凝集能を抑え、血液をサラサラにする効果があります。つまり、EPAには、血小板が集まり血液が固まるのを抑え、血栓を作りにくくする働きがあるのです。ある漁村の人たちの食生活と病気の発症を調べた調査によれば、魚をたくさん食べている人ほど心筋梗塞や脳梗塞の発症が少ないことがわかりました。そこで、調査した人たちの血液を調べたところ、EPAが多く含まれ、血液がさらさらに流れていることが判明したのです。このような調査からもわかるように、EPAを多くとる食生活を続けていると、血栓が引き金となって発症する心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ一助になります。EPAやDHAは、いわしやさんま、あじ、さばなど青魚の魚に多く含まれています。健康増進の為には、できれば、1日に摂取する油の3分の1は、青魚の魚からとることをお勧めします。青魚の魚の油を効率よくとるためには、油が失われやすい網焼きや揚げ物よりも、スープにして汁まで余すところなくとるのが最適です。

モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。