コレステロールと中性脂肪の違い

健康診断を受けるとコレステロールと中性脂肪の値が必ず出てきます。このコレステロールと中性脂肪の違いとは一体なんなのでしょうか?

コレステロールは、人間の体内にある脂質の一つです。外見は白色でやわらかく、ヨーグルトに似ていますが、ごく小さな結晶のため、肉眼で判別することはできません。 中性脂肪も脂質の一種で、3つの脂肪酸とグリセリンが結合した物質になります。皮膚の下にある皮下脂肪や、内臓の周りにつく内臓脂肪が中性脂肪です。わかりやすく例えるなら、牛肉や豚肉の周りについている白い脂になります。 でわ役割としてはどのような違いがあるのでしょう?実は、コレステロールと中性脂肪の役割には明確な違いがります。



<コレステロール>
      1.人体の身体の細胞膜を作っている。
      2.ホルモンの原料になる。
      3.肝臓で消化液、胆汁酸の材料になる。
      4.体内でも合成されている。


<中性脂肪>
      1.生命活動のエネルギー源となる。
      2.体温を保つ大事な役割がある。
      3.体外からの衝撃を和らげ、内臓を保護している。
      4.食べ過ぎた食べ物の糖質やアルコールは、中性脂肪になって蓄えられている。

まとめるとコレステローには、細胞を守る細胞膜を作ってウイルスや細胞を壊す有害物資から細胞を守ったり、ホルモンを作ることで代謝を促したりします。しかし増えることで悪いところがあります。それは主に、肝臓で生成されるのですが体内に入ったコレステロールは体外に排出されず、余分なコレステロールは血管壁に付着するため、動脈硬化の原因となってしまいます。

一方、中性脂肪は体内の糖質が足りなくなった時に、再び糖質となることでエネルギーとなります。また、皮下脂肪や内臓脂肪となることで、体温を保ったり、臓器が動かないようにしたたりします。しかし、取り過ぎた余分な糖質が中性脂肪として溜まってしまうため血液がドロドロとなり、血栓症害、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こしてしまいます。

モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。