コレステロールの正常値の調べ方、基準値

通常身体が「あれっおかしいな?」と思った時には体温の変化に伴い体温計で測定し調子の良し悪しを判断します。しかしコレステロールや中性脂肪の増減は、直接的には自覚することができないので、血液検査によって調べます。通常、血液検査で調べる脂質値は、総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の3種類です。総コレステロール値というのはHDLコレステロールとLDLコレステロールの総量です。単にコレステロール値といった場合は、この総コレステロール値の事を指します。ですから、総コレステロール値が高いと検査結果が出てもその内容が問題になります。

LDLコレステロールは、血液検査では調べません。前述した三種の脂質値からまずHDLコレステロールの値を測定し、それから計算式によって求めます。具体的な血液検査の方法は、血液中の血清成分1dlの中に、何mgのコレステロールや中性脂肪があるかを調べます。なお、コレステロール値は食後でも大きな変化はありませんが、中性脂肪値は食事の影響を強く受けるので、血液検査の際には注意が必要です。通常、正確な中性脂肪値を得るためには、12時間以上絶食した後に検査をします。また血液検査では、血清中のコレステロールと中性脂肪の量を調べるため、総コレステロール値を、「血清総コレステロール値」中性脂肪値を「血清中性脂肪値」または「血清トリグリセライド値」という場合もあります。

コレステロール及び中性脂肪の正常な値は以下の通りになります。

総コレステロール:150〜219mg/dl

HDL(善玉コレステロール):40mg/dl以上 (男・40~70mg/dl、女・45~75mg/dl)

LDL(悪玉コレステロール):70~139mg/dl

中性脂肪:50~149mg/d

モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。