LDLコレステロールとHDLコレステロールとは?

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とHDLコレステロール(善玉コレステロール)の違いを知るにはまずはコレステロールを運搬するリポタンパク質の種類を事前に知って置かなければいけません。人間が食べるものには脂質が含まれています。しかし水と脂は交わらないため、脂質はタンパク質と合成しリポタンパク質という物質に変化します。実はコレステロール自体に善玉と悪玉があるわけではありません。前述したコレステロールを運搬するリポタンパク質の種類によって、善玉と悪玉に分けられています。

一般的に、LDLを悪玉コレステロール、HDLコレステロールを善玉コレステロールと呼んでいます。これはLDLコレステロールが、コレステロールを全身の組織に運搬する役割をしているのに対し、HDLは、余ったコレステロールを回収する役割をしているからです。ようするに、コレステロールを運搬するLDLが過剰に増えると、結果的に血液内のコレステロール量が増加し、その状態が続くとコレステロールが血管にたまってしまい、その結果、身体に悪影響を及ぼす動脈硬化などを引き起こしやすくなるのです。逆に余ったコレステロールを回収する役割のHDLが血液内に多いと、血液中のコレステロール量が過剰にならずにすみます。ということは、コレステロールを回収するHDLが減少した場合も、結果的に血液中のコレステロール量が増加することになります。ですから、コレステロール運搬役のLDL(悪玉)と、回収役のHDL(善玉)のバランスが重要だということです。

またその他にも数値が上がることによって健康を害するリポタンパク質があります。小腸で作られ、食事からとった中性脂肪を全身の組織や肝臓へ運搬するカイロミクロン、肝臓で作られた中性脂肪を全身の組織へ運搬する役割のVLDL(超低比重リポタンパク)、中性脂肪なども数値が上がると動脈硬化になるリスクが高い事も発表されています。

モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。