コレステロールに効果のある油・危険な油

動脈硬化や心臓病の最大の危険因子である、コレステロールを下げる油として、リノール酸が多く含まれる植物油(大豆油、ひまわり油、コーン油など)は健康油の代表でした。確かにリノール酸は、私達の身体に必要な必須脂肪酸であり、コレステロールを下げる働きがあります。しかし、普通の食事をしていればリノール酸欠乏症になることはなく、また、コレステロールを下げると言っても、一時的なものでしかありません。同じようなコレステロール低下作用なら、不飽和脂肪酸にもあります。むしろ、リノール酸を長期的に摂り過ぎると、動物性脂肪と同じくらい、コレステロールを増やしてしまうことになるのです。また、心筋梗塞や脳梗塞は、コレステロールよりも血栓、つまり血小板の凝集が危険なのですが、リノール酸からできるアラキドン酸は、血小板の凝集を促進する物質、トロンボキサンを産生してしまいます。さらに、リノール酸がガンの発症率も高めます。ほかにも、血圧を上げる、インシュリン感受性を低下させる、アレルギーを増加させる、ボケを促進することも明らかになっています。最近増えてきたうつ病や、すぐにキレる若者の原因の一端にも、リノール酸のとりすぎがあるのではないかと思われています。

以上の事を踏まえると、油脂は、これまでの動物性脂肪と植物性脂肪に分けるのではなく、含まれている脂肪酸の性質から分けるべきでしょう。それが次の三つです。

飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の系列

ラードなどの植物性脂肪や、オレイン酸などが多く含まれるオリーブ油などがあります。体内でも作られ、主にエネルギーとして消費されます。

リノール酸系列

植物の種子の多く含まれ、大豆油などの植物性油や市販のサラダ油に豊富です。

αリノレン酸系列

植物の葉と根に比較的多く含まれます。また、植物プランクトンも作り出すので、これを餌にする魚介類や海藻類にも多く含まれます。また、α-リノレン酸は、体内でEPAやDHAに変わります。この、α-リノレン酸系列の油が、リノール酸に競合的に働くとして注目されている油です。リノール酸に競合的に働くということは、ガン、動脈硬化、心臓病、糖尿病、アレルギーなどの現代の難病に対して有効性があるということです、αーリノレン酸を多く含む食品として、食用油なら、しその実からしぼったしそ油、エゴマ油、亜麻の実からしぼったアマニ油に多く、野菜(特に冬野菜)の葉や根、川魚類、海藻にも含まれます。ただし、αーリノレン酸だけを摂取しても効果的ではありません。α-リノレン酸とリノール酸は競合的に働くので、両者のバランスが大切です。とはいえ、リノール酸はほとんどの食品に含まれていますから、前にも述べたとおり、普通の食事をしている限り、不足することはありません。食用油をすべてαーリノレン酸系に切り替えれば、多くの病気が予防できるはずです。

モニター満足度・DHA&EPAの含有量・コストパフォーマンス・栄養素の面で納得の第一位
モニター満足度 10/10点
コストパフォーマンス 10/10点
続けやすさ 10/10点
品質 9.5/10点

驚きのモニターアンケート結果続出の効果抜群のDHA&EPAサプリ。コレステロールに効果があると言われているDHA&EPAを業界最高クラスの1日分500mg配合。さらに、吸収率を良くするためにクリルオイルも配合。クリルオイルに含まれるDHA&EPAはリン脂質型といって水にも溶けることができるので吸収率が高くなります。さらに、極めつけは究極のサラサラ成分のナットウキナーゼ。ここまで贅沢な配合で、初回1980円は絶対お得です。2回目以降も3980円と他のサプリとくらべても安いので続けやすいと思います。
価格DHA&EPA
500mgあたり
内容量主原料特典
1,980円132.6円〜120粒DHA&EPA・クリルオイル・ナットウキナーゼなど初回1980円
原材料一覧DHA 113mg・EPA 13mg・クリルオイル 2.5mg・納豆培養エキス 2.5mg ビタミンE 5.98mg・ビタミンB 15.0mg・ビタミンB 22.75mg ビタミンB 60.90mgオレンジ香料 12.00mg・ミツロウ 35.37mg

LDLコレステロールを下げるには適切な情報を元に食事や運動、油などに気をつけなければいけません。当サイトではコレステロールの基礎知識、コレステロールを下げるサプリメントや食事に関する情報をご紹介しています。